呼吸とメンタルの関係性

お問い合わせはこちら

ブログ

間違った運動やストレッチ、筋トレが不調を招く!

2019/11/29

間違った運動やストレッチ、筋トレが不調を招く!

呼吸整体アースリズムの古内です。

今回は、健康のために行なっている運動やストレッチや筋トレにも正しいやり方があり、間違ったやり方によって様々な不調を招くということについてお伝えしていきます。

 

皆さんは、自分の職業や周りの環境、姿勢や筋肉の状態を意識して運動やストレッチ、筋トレを行なっていますか?

おそらくほとんどの方が意識する事なくこれらのトレーニングを行なっていると思います。

 

人はそれぞれ置かれている環境や体の状態は全く違います。同じ肩こりでも、原因となっている要因も人それぞれなのです。「肩が凝ったらこのストレッチ」「運動不足だから筋トレをしよう」と自分の状態を把握していないまま何となくやっていると、返って症状が悪化したり、難治化してしまうことがあります。

 

自分は普段どんな姿勢でいることが多いのか。重い物を持つ肉体労働なのか。それとも長時間同じ姿勢でいるデスクワーカーなのか。

それによって筋トレなどの無酸素運動が必要なのか、ランニングなどの有酸素運動が必要なのかも違います。

 

また姿勢はどうでしょう。猫背なのか、腰が反っている反り腰なのか。姿勢は筋肉のバランスによって変化します。お互い拮抗し合う筋肉がバランスを取れていることにより安定した姿勢は保たれますが、このバランスが崩れしまうことで姿勢は乱れてしまいます。それが様々な体の不調を引き起こす原因にもなるのです。

 

なので、どこの筋肉が緊張していて引っ張っているのか。どこの筋肉が緩んでしまって引っ張られているのか。それを知らないままストレッチや筋トレを行なってしまうと、緊張している筋肉を更に緊張させたり、緩んでいる筋肉を更に緩めてしまうこともあります。

 

そうなると体のバランスには更に乱れ、動作に支障をきたします。効率の悪い動きをになってしまうので、体への負担は増していきます。

 

最近ではセルフケアの本や、YouTubeで色々なストレッチや筋トレの動画がたくさんあげられています。皆さんも参考にしながらやられている方も多いと思いますが、先述した通り、まずは自分の体の状態を知ることが重要になります。

 

ですが、体の状態を把握することは知識がない限り困難です。

セルフケアでお体の悩みを解決したいのであれば一度、専門家にお体の状態を評価してもらう事をお勧めします。専門家であれば、どこをどのようにすれば良いのか的確に教えてくれるはずです。

 

もちろん当院でも徹底した姿勢評価や、日常でのライフスタイルなど細かく問診させて頂きます。

それにより、なにが原因で今の症状が起きているのかを解明し、施術とご自宅でのセルフケアにより痛みのない体や、疲れにくい体にしていきます。

 

ご相談なども承っていますので、お気軽にお問い合わせください!

電話に出られない時もありますので、お問い合わせフォームもご利用ください!