お問い合わせはこちら

ブログ

口呼吸が体に不調を与える!今すぐ鼻呼吸に切り替えた方が良い理由。

2019/09/25

口呼吸が体に不調を与える!今すぐ鼻呼吸に切り替えた方が良い理由。

こんにちは!呼吸整体アースリズムの古内です。

 

今回は、「口呼吸がもたらす健康リスクと鼻呼吸ができることのメリット」についてお話ししたいと思います。ぜひ最後まで読んでいただければと思います。

 

結論から言うと、今すぐ口呼吸をやめて無意識に鼻呼吸ができるようにトレーニングを行うべきです!

 

私も、アレルギー性鼻炎や喘息を患っていたために、鼻で呼吸するのが苦しくて常に口から呼吸をしていました。その頃は、風邪もひきやすく、毎日疲れが取れない万年不調状態だったと思います。しかし呼吸法を学んだ今では、鼻詰まりが解消され思い切り鼻から呼吸ができるようになりました。喘息に関しては、もう何年も発作は出ていません。

 

では、口呼吸と鼻呼吸。同じ呼吸なのに何が違うのでしょう?

大きな違いは「濾過機能」です。鼻から息を吸った場合、まず鼻毛で大まかな埃や異物の侵入を防ぎます。そして何層にもよる粘膜のフィルターにかけられウイルスや細菌が体内に侵入できないようになっているのです。

 

それに対して口で息を吸った場合、なんのフィルターにかけられることなく外気が体内に侵入してしまうので、ウイルスや細菌が繁殖し免疫機能が対応しきれず、風邪をひきやすくなります。

 

また鼻呼吸の場合は、外気の乾いた冷たい空気が、鼻で温かい湿った空気に変換してくれるのですが、口呼吸の場合はその乾いた冷たい空気が肺に入ってくるので、肺がダメージを受けやすくなり呼吸器系のトラブルを引き起こします。

 

さらに、鼻の副鼻腔というところでは一酸化窒素が作られ、鼻で呼吸した時にのみ体内に入ってきます。この一酸化窒素は血管拡張作用や降圧作用、殺菌作用などが上昇します。

 

これだけみても、いかに口呼吸よりも鼻呼吸の方が優れているかが分かりますね。

 

しかし、最近は鼻呼吸ができずに口呼吸をしている方が多く見受けられます。自覚していればいいのですが、気づいていない方がほとんどです。また自覚はしていてもすぐに日常生活に支障をきたす物でもないので、放置してしまっている方も沢山います。

 

人が行きていく上で呼吸が1番大切です。正しい呼吸ができているかどうかで、今後の人生が左右されます。

 

当院では、楽に呼吸できるよう姿勢と自律神経を調整し、呼吸のトレーニングを行なっています。口呼吸に気づけていない方や、気づいているけどどうしたらいいのかわからない方!是非一度当院にご相談ください。

 

ほとんどの慢性症状といわれるものには、たいてい呼吸が絡んでいます。毎日繰り返す一回一回の呼吸が変わり、症状も改善されればこんなに体に優しい治療はありません。どうか自分の呼吸に目を向けてみてください!

お電話でも予約可能ですか、施術中は電話に出られません。ホームページからも予約可能ですのでご利用ください。